AWSの無料インスタンスを作る手順

前回AWSのアカウントを作ったので、今度はインスタンスを作ってみます。

無料で作れるインスタンスを作ります。

 

所要時間

10分くらい

 

手順

AWSのグローバルナビゲーションから、EC2をクリックします。

サービス→すべてのAWSサービス→コンピューティング→EC2 です。

 

f:id:hebikoguma:20161031002548p:plain

 

 

EC2のダッシュボードが開くので、インスタンスの作成ボタンを押します。

ページの真ん中あたりに青いボタンがあります。

 

f:id:hebikoguma:20161031003151p:plain

 

 

次にマシンイメージを選択します。

無料で使えるものには、「無料利用枠の対象」としっかり書いてくれています。

今回は、AmazonLinuxを選んでみました。

 

f:id:hebikoguma:20161031003252p:plain

 

 

次に、インスタンスタイプを選択します。

無料利用できるのは、一つだけだったので「t2.micro」を選びました。

 

f:id:hebikoguma:20161031003520p:plain

 

 

次に、ストレージの追加です。

無料で30GBまで追加できるそうなので、とりあえず20GB追加してみました。

f:id:hebikoguma:20161031003724p:plain

 

 

詳細設定らしいです。

とりあえず全部デフォルトでいきました。

f:id:hebikoguma:20161031005835p:plain

 

 

 

タグ付けです。

複数運用する人はよく構成を考えて決める必要があるでしょうが、とりあえず適当に決めてすすめました。

f:id:hebikoguma:20161031010023p:plain

 

 

 

次にセキュリティグループの設定です。

中途半端にしとくと怖いことになりそうだったので、とりあえずローカルPCからのSSH以外はすべて閉じました。

HTTPくらいは開いといてもよかったかもしれません。

右下の「確認と作成」ボタンを押すと、確認画面が表示され、これまでの設定のおさらいができます。

問題なければ右下の「作成」ボタンをクリックします。

すると、キーペアを作成する画面が出るので作成します。

ここで作成したキーファイルは後でsshでログインする時に使いました。

f:id:hebikoguma:20161031010500p:plain

 

 

作成中の画面が表示されます。。。

f:id:hebikoguma:20161031010931p:plain

 

 

しばらく待つとインスタンスができました。

f:id:hebikoguma:20161031011530p:plain

 

 

怖いので、念のために課金が発生したらアラートが飛ぶように設定してみました。

便利ですね。

f:id:hebikoguma:20161031011719p:plain

f:id:hebikoguma:20161031011741p:plain

 

終わりです。

簡単でした。